2011年12月23日

メッセージボトル

マキへ

真夜中に、酔っ払いながらこれを書いています。

今日は同業他社5社との会合があり、ディスカッションの場でいろいろ刺激を受けて、打ち上げの酒席で馬鹿話をして大笑いして、ヘロヘロになって家にたどり着いて、でもさっきの刺激を忘れるのは惜しくて、まともに持てないシャーペンを握りしめて、ノートに自分たちの仕事の将来像について、溢れる想念を一つ一つ取りこぼさないように、乱れた文字で書きつけていきました。

そんな僕の姿を好きになってくれたのが貴女でした。毎日「もう無理だ」ってところまで仕事してロクに貴女のために時間を割けない僕を、ぶつぶつ文句言いながら、でも貴女は必ず最後には許してくれました。

貴女との恋が成就しないことは初めからわかっていました。僕には貴女以外にも守るべきものがあり、もっと言えば、貴女と同じくらいに失いたくないものがありました。ずるい男だと言われれば、返す言葉もありません。僕は貴女の貴重な時間を奪い、貴女の愛を独り占めしました。奪いたかった。独り占めしたかった。まるで玩具がほしいと泣く子供です。いまさら償おうにも償えない。ただただ、自分が酷い男だと認めることしかできません。

でも、恋が終わった今でも、ときどき僕は貴女のことを思い出します。いや、ほぼ毎日貴女のことを想っています。だからって、いまさらどうなるわけでもないけれど。

これからも僕はこうやって脳をアルコールに浸しながら、自分の仕事について、そして商社について、考え続けることでしょう。もちろんそれは僕の仕事であり、そして、僕がやりたくてやっていることです。でも、ただただそれがやりたくてやっているってわけじゃない。そのモチベーションのうちの何パーセントかは、そんな僕の姿にあきれつつも優しい目で見守ってくれた貴女に、またあの日のように褒められたいからなのです。もちろん、いまさらどうなるわけでもありません。でも、なんとかして貴女にそれを知ってもらいたいという気持ちを抑えきれずに、こんなとりとめのない文章をブログに書きつけています。

ネットの片隅に書かれたこんな文章を貴女が読む可能性など、限りなくゼロに近いでしょう。でもそれでもかまわない。想いをメッセージボトルのようにして流したら、もしかすると貴女が読んでくれるかもしれない。そんな可能性を信じることができれば、僕はまた明日からも頑張っていけるのです。

最後に、貴女に直接言えなかったことを書きます。

貴女はいまも僕の生きる原動力です。貴女を愛することができて、本当によかった。せめてそれだけでも貴女に伝わってくれればいい。
posted by コピ at 04:37| Comment(12) | TrackBack(0) | 商社な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。