2009年11月10日

断固支持

当ブログは勝間女史を全面支持します。

国家戦略室への提言「まず、デフレを止めよう〜若年失業と財政再建の問題解決に向けて」


それにしても、これに関する池田信夫あたりの難癖に同調する連中の気が知れん(もちろん、一番がっかりなのは菅直人の経済オンチぶりだけど)。

池田ブログのコメント欄を見ると、自らを「経済の素人」と断りつつ、非常にユニークな考察に基づくトンデモ経済理論(ご自分の感覚に基づく「ミクロ理論」でもって、需給ギャップを説明したりとかね)だとか、印象だけの感情論でもって勝間批判をする連中がごっそりいて、気が滅入ります。

いや、池田ブログにコメントした諸氏は確かにとんちんかんなこと書いてるわけで、彼らは自らが仰る通り、まごうかたなき経済学の素人なんですけど、それなら黙っておけばいいのにね。くどいですが、「語りえないことについては人は沈黙せねばならない」のですよ。馬鹿にも発言権を認める、というのが民主主義のルールとはいえ、いちいち律儀にそんな権利を行使せんでもよろしい。

それにしても、「ボクちん経済学のことはさっぱりわかりませんです!」とハッキリ自覚をしてるんなら(実はしてないんでしょうけどね。批判されたときに「だって僕は素人だもーん」とエクスキューズしたいだけなんでしょうよ)、理屈を抜きにして考えてみりゃいいと思うんですけどね。つまり、少なくとも経済政策については、ノーベル経済学賞を取ったポール・クルーグマン>「経営管理研究科」教授の池田センセ、というのはハッキリしとるでしょ、ってね。

・・とさらっとエントリを締めるはずだったんですが、サルでもわかるように勝間批判への反論がなされているいいブログがあったのでご紹介。これ読んでわからない人は、経済については墓に入るまで沈黙しておいたほうがいいと思うなあ。

2009年11月07日

プロレスバカよ、永遠に

毎回ハズレなしの面白さを誇る村西とおるブログ。今回は思わず泣かされました。先日亡くなった「プロレスバカ」剛竜馬のエピソード。彼の一連の転落劇の頃には、僕のプロレスファン度もすっかりスーパーヘビー級からジュニアヘビー級くらいになっていましたが、このエピソードは知らなかった。

09年10月31日付記事「漁師と海猿、そしてまたもや酒井法子さまと剛竜馬のことなど・・・」をぜひご覧いただき、故人の雄姿を偲びましょう。ショアッ!
posted by コピ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ、観た、聴いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

語りえないことについては人は沈黙せねばならない

支那の7-9月のGDPの実質成長率が前期比8.9%増になったとのこと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091022-00000060-jij-int
(現在は記事は削除されています)
ええのぅ、羨ましいのぅ、と思いつつヤフーニュースのコメント欄を見てみると、相変わらずネトウヨのコメントか経済オンチのコメントばっかでがっかり。

支那を叩くのは勝手だけど、そんなことは別のところでやってくれよ。経済関係の記事にコメントするなら、ちゃんと経済の仕組みがわかってからにしてくれ。床屋政談なんて聞きたくないよ。

ってことで、よいインタビューをご紹介。極めて簡潔に、いまの日本経済のていたらくはなにが原因なのか、ってことが書かれてあります。ぜひご一読を。

無知につけ込まれて生きることのないために必要なこと。
http://www.mammo.tv/interview/archives/no254.html

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。